〜渋谷区〜女性の健康を願う

   今回、渋谷区恵比寿1丁目に新設された広尾レディースを訪問しました。

 

   恵比寿駅徒歩2分、インタビュー2012.10.9A.jpg8月にオープンしたばかりの

   新しい婦人科専門クリニックです。

   婦人科医療や子宮がん検診だけでなく、

   最新の医療機器により乳がんを正確に

   検査することを兼ね備えた多機能な医院です。

 

   さとまりの★教えてください★

    院長の宗田 聡先生に女性の健康についてお話を伺いました。

 


   ★恵比寿駅周辺で乳がん検診が受けれると便利になりますね。インタビュー2012.10.9B.jpg

   宗田: 当院の最新鋭のデジタルマンモグラフィ

      (乳房X線撮影)は、痛みや不快感が少なく、

      安心で精度の高い健診が可能です。

 

      今までのマンモグラフィの

      約半分の圧で検査が可能ですので、

      過去にマンモ検査を受けられた方は、

      痛みの違いに驚かれております。

 


   ★私の行政活動の一つとして子宮頸がんの予防ワクチン全額助成をすすめました。

    渋谷区では中学1年生〜高校1年生の対象者は全額無料でワクチン接種ができるようになっております。

    しかし、子宮頸がん予防対策検診率がまだまだ低い(現在約20%)ことがこれからの課題に感じます。

    宗田先生は、どのような考えをお持ちですか?

   宗田: 子宮頸がんの予防接種は多くの医療機関で接種できます。たとえば内科や耳鼻科でも接種が可能です。

       しかし、子宮頸がん詳しい説明や、がん検診受診の必要性は婦人科でないと伝えることはできません。

       正しい情報を伝えていくという立場として婦人科の役割は大きいと考えております。


   ★しかし、出産などのきっかけがない限り、女性にとって婦人科の扉はなかなか開けにくいですよね。

    何をきっかけに診察を受ければよいのか迷います。

   宗田: なんとなくだるい、やる気が起きない、頭が重いといった不調でも受診いただけます。

       忙しい女性は特に、カラダの不調やストレス、疲れ、生理の不順などを放っておきがちですが、

       ケア次第で改善できるものがたくさんありますよ。

       生理痛に苦しみながら学校を休まなくてはいけない10代の女性でも、低用量ピルの服用により

       改善が可能です。 女性医師の存在もご安心いただけると思います。


   ★思春期の女性でもピルが服用できるのですか?

   宗田: はい、生理痛の緩和だけでなく、ニキビの治療としても効果があります。

       ピルにはがんの予防の一面もあるなど、正しく飲用すれば多くのメリットがあるお薬です。

       もちろん保険診療で受診していただくことができますよ。


   ★私の政策の1つとして「女性が元気で活き活き働けるため」にと政策に掲げておりますが、何よりも健康である

    ことが基本だと思います。女性が自分自身の健康を守っていくことにはがん検診以外に何ができるでしょうか?

   宗田: レディースドックによる血液検査による健康診断も健康管理に役立ちます。

       更年期のお悩みも不安を感じる前にご相談ください。禁煙を医療でサポートすることもできます。

       これからは、婦人科が女性の皆様にとって、何でも相談できる「かかりつけ医」として

       病気の予防や治療を担うべきだと思います。

       広尾レディスクリニックも、ホームドクターとして本当に安心で信頼できる心暖かい医療を

       行っていきたいと考えております。


   ★こちらは妊婦健診も可能なのですか?
インタビュー2012.10.9C.jpg
   宗田: 地域医療(広尾日赤・愛育)と

      セミオープンシステムによりつながっており、

      妊娠35週頃までの健診を受けていただけます。

      胎児超音波検査は最新の3D・4Dの

      超音波画像診断装置を備え、

      驚くほどリアルな赤ちゃんを映し出すことができます。 

      私自身、遺伝医学の専門医ですので、

      高齢出産による不安や出生前検査の詳しい

      内容についてもご相談ください。

      子育てや急な環境の変化で、お母さんの心と身体も大きく変わってしまう

      産後のトラブルや心配事も産後ケアとして受診いただけますよ。

 


   〜がん検診を受けましょう〜

    20年以上、産婦人科臨床に関わられている宗田先生の言葉に、新しい婦人科の役割に期待を感じました。

    痛さの少ないマンモグラフィーの登場が、乳がん検診の受診率アップにつながることを期待します。

    今後も区民の皆様に、女性の健康を守るお手伝いをさせて頂けるように励みたいと思います。インタビュー2012.10.9D.jpg

 

 

 

   今回お話を聞かせていただきました

  「広尾レディース」のホームページはこちらからご覧になれます。

(取材協力・千田香代{eecoto})